知的財産権-東京高裁、アルゼの請求を棄却

 史上最高額の損害賠償金で注目を集めた、アルゼとサミーの特許侵害紛争。アルゼが特許庁の無効審決の取り消しを求めて提訴していたが、平成17年2月21日、東京高裁はアルゼの請求を棄却する判決を下した。
 日本放送問題一色のニュース報道の中、余り目立たない感がありますが、特許侵害の賠償請求では80億円と最高額の支払い命令が出た、一連の事件の結末です。詳細は下記ページで。
http://www13.plala.or.jp/goodlife/news1.htm



特許・実用新案権等の知的財産権(知的財産/知財)の検討ページ
グッドライフクラブ/特許・実用新案の検討
Yahooでの登録サイト名「特許・実用新案権の検討」 登録カテゴリー「ビジネス/知的財産権」
知的財産権/知財-特許・実用新案の検討

 煙草を止めるのは簡単だ!の会では、誰でも簡単に煙草を止めることができる、別につらくも苦しくも何ともないということを、広く啓蒙していくことを目的としています。
煙草を止めたいと思っている人は、一度のぞいてみて下さい。
煙草を止めるのは簡単だ!の会のページはこちら
煙草を止めるのは簡単だ!の会

(C)Copyright:2004 グッドライフクラブ
[PR]
# by goodlife_3 | 2005-02-24 18:31 | 四方山話

知的財産権/知財-自動車の制限速度は時速4キロ以下

 一般に世界で最初の自動車は、蒸気機関で駆動する「ファルディア」という大砲運搬用の車であると言われています。
 しかし、蒸気機関の本場というえば、この当時何と言ってもイギリスです。1800年代に入ると蒸気機関で駆動する、蒸気タクシーや蒸気バスのような商業用車両も登場しますが、経済性と、路上でのボイラー爆発などもあり安全性の問題でかなり問題があったようです。
 そこで、ロンドン議会は1861年「自動車条例」なるものを制定し、蒸気自動車への規制を強めました。今の我々から見ると、やけにとんちんかんな条例に見えますが、当時はそれなりに真剣であたのでしょう。
 条例の内容はというと、都市での自動車の最高時速は4キロ以下(2マイル程度)に制限するというもので、さらに赤旗を持つ先導員というか誘導員という人の後を走ること、というものでした。
 つまり人の歩くスピードよりも遅い最高速度で走ることと定められたのです。今の我々からすると奇妙な乗り物となってしまった感がありますが、当時の人はあまりスピードにこだわらなかったのかもしれません。
 この奇妙な条例は、1896年に廃止されましたが、この条例のおかげでイギリスの自動車産業は大打撃を受けてしまい、自動車開発の拠点はイギリスから大陸へと移ってしまったようです。




特許・実用新案権等の知的財産権(知的財産/知財)の検討ページ
グッドライフクラブ/特許・実用新案の検討
Yahooでの登録サイト名「特許・実用新案権の検討」 登録カテゴリー「ビジネス/知的財産権」
知的財産権/知財-特許・実用新案の検討

 煙草を止めるのは簡単だ!の会では、誰でも簡単に煙草を止めることができる、別につらくも苦しくも何ともないということを、広く啓蒙していくことを目的としています。
煙草を止めたいと思っている人は、一度のぞいてみて下さい。
煙草を止めるのは簡単だ!の会のページはこちら
煙草を止めるのは簡単だ!の会

(C)Copyright:2004 グッドライフクラブ
[PR]
# by goodlife_3 | 2005-02-20 18:18 | 四方山話

知的財産権/知財-二宮忠八の執念

 動力飛行機による世界最初の飛行の栄冠は、フライヤー号のライト兄弟であること誰もが知っていることです。
 しかし、この成功は先人達の軌跡の上に成り立ったものである、ということは間違いないこところです。しかし、このライト兄弟と同じ時期に、独自の試行錯誤により飛行機を作りつづけ、もう一歩のところまでたどり着いていた男が、我が日本に存在しました。その男の名は二宮忠八といいます。ちょくちょくとテレビ番組などでも登場しますので、ご存知の方もあるかと思います。
 この二宮忠八、独学で飛行機をほぼ完成させたということも、とてつもなくすごいですが、徴兵での軍隊勤務のかたわら試作機を作ったり、また本格的飛行機製作のための費用を自身で捻出したりしているところにも驚かされます。
 飛行機製作の提案を軍に相手にされなかった二宮は、日清戦争後除隊をし、自身で働いて製作費用を捻出しようと決意します。今なら数億円という金額でしょう。しかし二宮は、10年間の製薬会社での勤務で支配人(社長)にまでなり、目標額を達成します。
 そして念願の飛行機製作にとりかかろうとした矢先、ライト兄弟の成功のニュースが、全世界を駆け巡りました。このニュースを聞いた二宮は、作りかけの飛行機を壊し、あきらめたとのことです。
 しかし、もし軍が協力し、資金を提供していたとしたらと思うところですが、実際は成功したかどうかは分かりません。しかし、あと一歩のところであったのは確かだったようです。
 テレビやその他では、二宮の話はこのあたりで終わり、悲劇の主人公のように報じられることが多いようですが、実際の二宮は、飛行機作成費を稼ぐために懸命に働いたためか、事業家として成功し、尊敬され豊かな人生を送ったそうです。このような話によくある不遇な余生でなかったことは、ほっとさせられます。また後年、その努力が認められ叙勲もされています。さらに、今ある飛行神社を、この二宮忠八が創設したものであると知る人は、あまりいないかもしれません。




特許・実用新案権等の知的財産権(知的財産/知財)の検討ページ
グッドライフクラブ/特許・実用新案の検討
Yahooでの登録サイト名「特許・実用新案権の検討」 登録カテゴリー「ビジネス/知的財産権」
知的財産権/知財-特許・実用新案の検討

 特許を侵害しているとして、ジャストシステムが松下電器産業より訴えられていた裁判で、松下電器産業の主張が通り、ジャストシステムの敗訴となりました。ジャストシステム側は控訴する方針のようです。
 本件の特許及び判決のポイントをまとめ、下記アドレスに掲載しています。掲載しています特許検討は、2月6日にメールマガジンとして配信したものです。

http://www13.plala.or.jp/goodlife/merufuro/merumaga542.htm


 煙草を止めるのは簡単だ!の会では、誰でも簡単に煙草を止めることができる、別につらくも苦しくも何ともないということを、広く啓蒙していくことを目的としています。
煙草を止めたいと思っている人は、一度のぞいてみて下さい。
煙草を止めるのは簡単だ!の会のページはこちら
煙草を止めるのは簡単だ!の会

(C)Copyright:2004 グッドライフクラブ
[PR]
# by goodlife_3 | 2005-02-15 09:58 | 四方山話

ちょっと早い発明

 特許は奇想天外であっても取得できます。いや、奇想天外であればあるほど、誰も出願していないため取得できる可能性があります。
 特許の中には、その当時では奇想天外でも、現在ではそうでないものも多々あります。
 1867年イギリスのジェームズ・パドラーとエドムンド・エドワーズは、蒸気で飛ばす飛行機の特許を取得しています。この前後には、多数の蒸気飛行機が特許を取得しています。しかし、実際にはほとんど制作されていません。ライト兄弟が有人飛行に成功したのは1903年のことです。
 1973年にはイギリスで原子力を動力とした宇宙船が特許になっています。取得者はイギリス国有鉄道ですが、1976年技術的にあまりにも時機尚早と、特許を取り下げています。
 これからも、様々な早すぎる発明が特許申請されるでしょうが、そのような発明も将来には、あたり前の道具になっているかもしれません。




特許・実用新案権等の知的財産権(知的財産/知財)の検討ページ
グッドライフクラブ/特許・実用新案の検討
Yahooでの登録サイト名「特許・実用新案権の検討」 登録カテゴリー「ビジネス/知的財産権」
知的財産権/知財-特許・実用新案の検討

 特許を侵害しているとして、ジャストシステムが松下電器産業より訴えられていた裁判で、松下電器産業の主張が通り、ジャストシステムの敗訴となりました。ジャストシステム側は控訴する方針のようです。
 本件の特許及び判決のポイントをまとめ、下記アドレスに掲載しています。掲載しています特許検討は、2月6日にメールマガジンとして配信したものです。

http://www13.plala.or.jp/goodlife/merufuro/merumaga542.htm


 煙草を止めるのは簡単だ!の会では、誰でも簡単に煙草を止めることができる、別につらくも苦しくも何ともないということを、広く啓蒙していくことを目的としています。
煙草を止めたいと思っている人は、一度のぞいてみて下さい。
煙草を止めるのは簡単だ!の会のページはこちら
煙草を止めるのは簡単だ!の会

(C)Copyright:2004 グッドライフクラブ
[PR]
# by goodlife_3 | 2005-02-12 18:23 | 四方山話

使い捨て商品を発明すればもうかる?

 訪問販売員をしていたアメリカのキング・キャンプ・ジレットは、ある発明家からこの言葉を聞きました。
 ある朝、ひげをそっていたジレット、ひげそりの刃が使い捨て商品として良いのではないかと気がつきました。
 試行錯誤を繰り返し、1901年特許を申請しました。1904年にボストンで生産を始めたのですが、最初の年の販売数は、刃が168枚、ホルダーが51個と不振でした。しかし、1909年には、刃の販売数が1240万枚とホルダーが9万個に増えました。やはり、使い捨て商品を発明すればもうかるのかもしれません。



特許・実用新案権等の知的財産権(知的財産/知財)の検討ページ
グッドライフクラブ/特許・実用新案の検討
Yahooでの登録サイト名「特許・実用新案権の検討」 登録カテゴリー「ビジネス/知的財産権」
知的財産権/知財-特許・実用新案の検討

 特許を侵害しているとして、ジャストシステムが松下電器産業より訴えられていた裁判で、松下電器産業の主張が通り、ジャストシステムの敗訴となりました。ジャストシステム側は控訴する方針のようです。
 本件の特許及び判決のポイントをまとめ、下記アドレスに掲載しています。掲載しています特許検討は、2月6日にメールマガジンとして配信したものです。

http://www13.plala.or.jp/goodlife/merufuro/merumaga542.htm


 煙草を止めるのは簡単だ!の会では、誰でも簡単に煙草を止めることができる、別につらくも苦しくも何ともないということを、広く啓蒙していくことを目的としています。
煙草を止めたいと思っている人は、一度のぞいてみて下さい。
煙草を止めるのは簡単だ!の会のページはこちら
煙草を止めるのは簡単だ!の会

(C)Copyright:2004 グッドライフクラブ
[PR]
# by goodlife_3 | 2005-02-10 15:39 | 四方山話